• 川村武郎

カピバラは哀しからずや

今回の芝居のウリは、やっぱり舞台装置。美術の多賀さんがすごいのを作ってくれた。感謝感激。やっぱりね、装置で役者のモチベーションが劇的に変わるしね。

今回のお芝居は、「死」がテーマかな? ここ数年来、この「死」が気になってます。というのは、私の中に2つの「死」がパラレルに存在している。

1つは、十代の若者にありがちな「神秘」の存在としての死。十代はめったに死なないし、死は限りなく遠い存在。であるからこそ、死に興味を持つし、時として美化し、憧憬の対象とする。「醜い生」のアンチテーゼとなる。

もう1つは、そう遠くない将来に訪れるであろうリアリティのある死。そうなのだ。私はたぶん後10年か20年ぐらいしたら死ぬだろう。ええ、そんなんウソやん!と思っていたが、さすがに最近は諦めた。十代の頃なら「オレは死ぬゾ」と言ったら、「どうして?」と言われただろうが、今では「ガン保険でも入っといたら?」と言われるのが関の山。 その2つの死が、私の中に、時にアンビバレントに、時に親和的に存在して、そのカオスな感じが何だかおもしろいのだ。

ということで、当分、この「死」の話には関わり続けることになると思う。いや、たぶん、死ぬまで考えるんだろうな。考えても仕方ないのに。


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【本文は「メルティーチーズな明日の私」のパンフレットに記載した文章です。】 いきなりネタバレですが、芝居の中で「What A Wonderful World」が流れます。サッチモことルイ・アームストロングの有名な曲です。ご存じの方もおられるでしょうが、この曲はいわく付きの曲です。 「What A Wonderful World」が発表されたのは、1967年。ベトナム戦争が苛烈を極めていた時代です。